お問い合わせ 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
世界第2位の自転車メーカー「メリダ」は当店でもっともおすすめしているブランドです。クロスバイク、マウンテンバイク、ツーリングバイクからロードレーサーまで様々な車種が用意されています。最近では話題のE-BIKEのラインナップも加わりました。
  

 
日本最古の自転車メーカーが「ミヤタサイクル」です。軽快車以外に街乗り用スポーツテイストのファッションバイクの他、最新のE-BIKEまで幅広く揃っています。”技術のミヤタ”は健在です。
 

 
東洋フレームは大阪府柏原にあります自転車フレームの製造工房です。日本で作るからできることにこだわり、しかし現在の動向も読み、こだわりの中に取り入れています。”日本の自転車”という言葉の中だけではなく、製品にその全てを、自転車の本質を形にしたフレームを製作します。
 

 
東京都台東区にある自転車卸問屋東京サンエスが展開する バイクブランドがワンバイエス。パーツ群も有名ながら、オリジナルで販売しているフレームと完成車はユニークで魅力的。素材はスチールをメインにし、アルミもラインナップ。設計は日本人サイズにし、カラーは全29色から好みのカラーにペイントしてくれますから、自分だけの一台に。
  

 
メンテナンスの相談はなんでもどうぞ。メリダが得意ですが、他店購入の自転車でも構いません。パーツの載せ替え、組み換え、オーバーホールや点検など、お気軽にご相談下さい。まずはお見積りからどうぞ。
  

 
当店が大事にしているのは自転車を乗る上で基本となる方法です。そこから派生するアレンジに寄って個性を獲得することは構いませんが、基本を知らず我流になってしまうのはいかがなものでしょう?はたして、それぞれの先にあるものとは?

 

 
パワーメーターは買うだけでは終わりません。むしろ、それを買うことは入口のドアを開けたに過ぎません。そこから使いこなせるのかどうか、そこが問題です。パワーメーターを取り付けた自転車でサイクリングを楽しんでいても、それはパワートレーニングとは呼べません。目的を設定し、必要なことをしましょう。

 

 
都内を走るのに、観光に、E-BIKEは最高のツールです。一般の電動アシストサイクルとは別次元のトルクによりスムーズに交通の流れに乗ることができますので、車道走行時に感じるストレスを大幅に減らすことができます。アシストを使用しての航続距離は100キロを越えます。


 
カールツァイスからレンズの使用を許された唯一のブランドが「NRC」。OEMメーカーとして名を挙げたNRCが放つ自社ブランドは低コストでスーパーハイクオリティ。

 
ひと言で言えば”至高”、そして”最高峰”。とにかく、動きやすく、運動を妨げない本物のサイクルウェアが「Q36.5」です。試着して頂くとそのすごさを感じていただけるはずです。ストイックに走りを追求するサイクリストだからこそわかるサイクルウェア。

 
量販店やホームセンターでは販売されない、専門店だけが扱うことを許されたプロフェッショナルケミカルカンパニーが「ワコーケミカル」です。売れるだけのケミカルではなく、狙った環境でしっかりと仕事をするケミカル。それがワコーケミカルの多くの製品を作っています。全幅の信頼を預けられるメーカーです。

 
胃の許容量を越えて身体に糖質を吸収させることことができる画期的なスポーツドリンクが「モルテンドリンクミックス」。マラソンで世界新記録を更新したキプチョゲを筆頭に、世界主要マラソン大会の勝者全員が使っていたドリンクです。

 



130-0004
東京都墨田区本所3-9-4-1F
サイクルショップマティーノ
03-6658-4977
info@biciclettadimattino.com
平日12時〜20時、日祝11時〜19時
定休日:水曜日、レースやイベントの日