IRCタイヤ

チューブレスの世界へ

 

路面を掴む、転がる、吸収する


 
IRCのロードタイヤを薦めるお店って少ないんだそうですね。
「こんなに良いタイヤなのになぜ?」と思ってしまうんですけど、まぁ色々と理由があるんでしょうねぇ…
 
タイヤばかりではなく、自転車もパーツも、日本のメーカーだからこそ出来る製品というのがありますが、このタイヤもその一つです。
 
チューブレスがオススメですが、それだけではなくIRCのタイヤは乗り味の柔らかさ?が快適性やグリップのとても良いバランスをもたらします。
 
 

当店は正しいチューブレスタイヤについての知識を知っています

知ってしまえば、全然面倒ではないです。誰にでもとは言いませんが、クリンチャーをちゃんと扱える前提であれば使うことが出来ると思います。少なくとも、チューブラーよりカンタンですし、安定した出来映えになります。
 
チューブレスを面倒で、不安で、わからないという場合、それは単に知識不足であるケースが多いと思います。
 

チューブレスがもたらす最大のメリットは

 レースでも、ロングライドでも、ヒルクライムでも、ブルベでも、チューブラーホイールとタイヤは使用用途を絞った専用機材になりがち。つまり、汎用性がありませんし、融通が利きません。しかし、チューブレスホイール1ペアと複数のタイヤセットを持つことで、色々なシチュエーションに対応することが可能です。しかも、タイヤは走る直前にでも変更可能。さらには路面が荒れている場合には大きなメリットがあり、なおかつパンクもしにくいというおまけ付き。かっこいいから?と使いにくいカーボンチューブラーを使いますか?それとも実用的なチューブレスにしますか?
 
ちなみに
 
ディープリムはスポーク長が短くなるので、剛性が上がります。これはバカに出来ません。エアロ効果よりこちらのメリットの方が大きいでしょう。だからスプリンターは深いディープですね。登りでもディープリムなのは軽くなったからではなく、フレーム各部の剛性がそれなりに上がっているからでしょう。ホイールが相対的に弱かったらそこから力が逃げますし、スカスカしますから掛かりません。プロ選手の出力であれば、シチュエーションによらずディープリムは当然の選択だろうと思います。クライマータイプの選手は外周が軽いからではなく、筋肉量の少ないから最大出力が低く、剛性が高いディープを回せないということでしょう。どの出力域で掛かるホイールが欲しいかによって選択肢を変える必要がありそうです。
 


クリンチャーには戻れません

「こんなに違うのか」と驚くその走行フィーリングを体感してしまえば、特に25Cでのロール感が加わると、その安定感と転がりの軽さ、そして乗り心地の良さは性能バランスもよく、どれか一つが欠けてしまう上に接地感に乏しいクリンチャーには戻れなくなってしまうでしょう。