どんなフレームが良い自転車なのでしょうか?

人間の力を最大限引き出すのが自転車の本当の役目

良いバイクの条件、それは乗りやすい事、いつまでも踏み続けられる事

硬さと軽さを求めるカーボンフレームの時代は終わりました
自転車はただ単に硬いだけでは進みません。自転車は人間の力を一度吸収して溜め、それを増幅させ、路面へと伝えるのが役目です。例えるならば、跳び箱の踏み切り板やトランポリン、あるいは釣り竿・ゴルフクラブなどを想像してみると良いと思います。グッと溜めて、バイーンっとはじき出す、そんなイメージです。
剛性と軽さだけなら、誰でもいくらでも簡単に作り出せますが、後半脚が切れやすかったり、スピードに伸びを感じにくいものになってしまいます。
踏んで走るのは当たり前で、そこからいかにスピードを”伸ばす”かが、カーボンフレームの勝負なのです。
どこまでもペダルを踏んでいきたくなるそんなフレームに出会ってみたくありませんか?
現在、流通している多くのカーボンフレームは中国で生産されています。しかし、生産国だけが良いフレームを生産する、あるいはそうでない理由ではありません。生産工場とメーカーが密に連携し、メーカーの設計通りに生産する事が大事ですし、生産工場が持つ生産技術を如何にして引き出し、それを自社フレームの設計に活かすかが大事になります。また、日本について言えば代理店という存在がある以上、彼らがどこまでメーカーの設計に踏み込めるかと言う事も、国内販売を考えた場合には少なからず影響します。
生産工場に任せてしまえばどんなメーカーにもフレームを企画・販売する事が出来る世の中になっていますから、妥協の塊のようなフレームやお任せで作ってしまったフレームを皆さんに乗って頂きたくはありません。それがマティーノの想いです。
日本人に適したサイズを作るには
やはり欧米人と日本人の体格を比較した場合、フレームサイズにして1サイズ以上の開きがあります。もっと言えば、日本国内向けに特別生産される事が多い最小サイズ(トップ515程度)に関しては特に注意が必要で、中にはボトルが1本しか収まらなかったり、トップチューブのアウター受けからリヤブレーキへのワイヤリングが不自然になる事でワイヤーの引きが重たくなったり、あるいはハンドリングに問題が発生したり…実際にこのような問題が複数発生するフレームも存在しています。
マティーノでは私(165㎝)が蓄積したノウハウを最大限駆使して試乗を繰り返し、また同様の体格を持つサイクリストのデータを鑑みながら、最適なフレームサイズやメーカーを提供できます。基本的に私の体格で乗ってダメだったメーカー・モデルは取り扱いません。
かつて鉄フレームが全盛期だった頃のフィーリングをもう一度
クロモリフレームを良いという意見を言う人の多くは、クロモリが全盛期だった頃をライブで感じていた方であり、レーシングマシンとしてのクロモリを体感した事がある方でしょう。現在多く流通しているカタログスペックのクロモリフレームは、その時のそれとは似て非なるもの、単なるレーシングレプリカに過ぎないものが多いのが現状です。レーシングスペックのクロモリが欲しければ、国内の有名ビルダーさんの所を訪れるべきでしょう。さて、鉄が欲しいという多くの方はその「しなやかさ」が生み出すスピードの伸びや乗り味を求めているのです。カタチだけのノスタルジーに浸る事だけでしか満足できないクロモリフレームではなく、ホンモノのクロモリフレームに乗ってみては如何でしょうか?。

ページの先頭へ











お持ち込みメンテナンスについて

お持ち込みでのメンテナンスも承っております。どのメーカーの自転車でも承ります。