お問い合わせ 
 


自転車のたのしさ

子供の頃、はじめて自転車を手に入れた時のあのよろこびを覚えていますか?

歩いてはとてもいけないような距離にも自分の力でペダルを漕ぎ、生まれた街を出て、新たなる冒険のスタートを切る。誰もが経験したあの時のワクワク。
 
それが一時間でも、一日でも、どんなに小さくてもいつも旅は新鮮です。
 
自転車に跨れば、すぐに旅へと出発できます。ある日、車で通るいつか来た道。「あ、ここ自転車で通ったな」と呟きながら、その時の思い出や辛さを思い出す。
 
やることはシンプル、ただペダルを回すだけ。ただそれだけで楽しい。 私の自転車の原点はそこです。そして、今でもそれを楽しんでいます。

 
 

 
 

ペダルを漕ぐ気持ちよさ

楽しみ方は人それぞれ

チューンアップすればレースにも出られるけれど、ノーマルでも十分楽しいのはクルマが気持ちいいからであって、必ずしも速さと関係はありません。
 
そして、ある程度誰にでも扱える裾野の広さを持つハンドリングや乗用車としても使えるユーティリティ性も必要です。そして、値段は高くないことも大事です。誰にも買えないような値段でそれを表現しても伝わりません。
 
”キモチイイクルマ”はペダリングが楽しい
 
自転車の良さを決めるのは素材ではありません。ブランドでもありません。「人車一体」「走る喜び」それはクルマでも自転車でも同じで、それぞれの原点なのです。